2006年09月18日

掲示板リニューアル

今まで有料で借りていた掲示板の期限が切れてしまい、放置状態でした。
今日は、久しぶりにPCの前で格闘しています。無料で、しかも画像のアップできるものを探して変更してみました。新しい掲示板「桂花茶龍掲示板」はこちらです。
posted by 桂花 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

天突く龍を作れ

龍.jpg
今夜10時からのNHKのにんげんドキュメントでは、私の出身高校の文化祭の様子が紹介されます。私の出身高校(長野県須坂高校…先輩に作曲家の久石譲がいる。)では、毎年、巨大な龍を作ります。半年かけて作るのに命はわずか4日。文化祭(「竜胆(りんどう)祭」)の最終日に、弓道部の放つ火のついた矢で射られて燃やされます。私が1年生のときは、校舎の屋上に置かれた龍が運動場に落とされ、そしてやはり弓道部の矢で射られて燃やされました。確か2年生の頃から屋上に置けなくなって、運動場に置かれたように記憶しています。そして、その火を囲んでフォークダンスをしました(笑)遠い青春の記憶です。
上の写真は私が高校三年生のときの龍です。写真をデジカメで撮影したので、汚い画像ですみません。しかも30年前の写真(苦笑)
今回取り上げられるのはこの龍の製作の様子らしいのですが、私が高校生のときはもうひとつ、正門に杉の枝を刺した立派な門を作りました。私が3年生のとき、私のクラスははこの門を作るクラスに選ばれ、何日もかけて作りました。出来上がった門の前でクラスのみんなと写真を撮りました。私たちはおそろいのTシャツを作って(制服がなく私服でした)、文化祭を楽しみました。
竜胆祭.jpg
顔にぼかしをかけたので肖像権は大丈夫かな?
クラスに4人しか女子がいなかったので逆ハーレム状態(笑)・・と言うのはうそです。

さて、DVDのセットをして放送を待ちます。
posted by 桂花 at 20:25| Comment(9) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

「捨てたい」症候群(笑)

suteru.jpg
今日は一日家にいました。夏休みになって初めてです。
そこで、午前中はせっせと洗濯と、服の整理などをしました。
今、無性に「捨てたい」衝動に駆られています。年に数回訪れます、この症状(笑)

私はとにかく物を溜め込む性格なので、家の中が「要らない物」、「使わない物」であふれています。その筆頭が、「着られない服」です。サイズが合わなくて(もちろん小さくて)今は着られないのですが、「いつか痩せたらまた着られるかも」と取ってある服が山盛り。もしかしたら、今着られる服より多いかも(笑)友だちのyumikoさんが「痩せたら御褒美に新しい服を買ったらいいよ」と背中を押してくれたので、せっせと片づけを始めた次第です。
今週の金曜日は「衣類」のごみの収集日なのです。これは「洗ってあって、着ることのできる衣類」を出す日になっています。汚れていたり、破れていたりしてはだめみたい。海外に送るようです。それなら、「いつか着るかも」と取っておくよりは、ぜんぜん「もったいなくない」かも・・・と思っています。
ちなみにたんすの中の靴下を数えたら50足以上ありました。20足は「燃えるごみ」に出すことにしたら、引き出しがすっきりしました(笑)
それでも家の中はまだまだ物であふれています。特に息子の小中学校時代の教科書やノート、作品などが屋根裏収納庫に沢山あります。また私の仕事関係の書類や書籍が納戸に・・・「いつか見るかも」「いつか必要になって、なかったら後悔するかも」と思いながらもう何年も見たことがないのですが(笑)

もっとも私が一番捨てなくてはいけないのは体についた贅肉なのです^^;
posted by 桂花 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

扁桃腺炎

P1010004.JPG
先週の土曜日の夕方、いつもより多く歩いたわけでもないのに
下半身がだるくて仕方がなく、?と思いながら熱を測ってみると37.5℃の発熱。
平熱は35度台だから、私にとってはこれは高熱!!
氷嚢とひえぴたシートを貼って早めに就寝。。
しかし、翌日の日曜日も熱は下がることなく、38.3℃まであがる@@
そしてのどの辺りが痛くなる。。。えっ?何このしんどさは〜〜
結局その翌日の月曜日は仕事を休むことに決め、朝一番にかかりつけの内科に行くと。。
「扁桃腺が腫れて、しかも白く膿まで付いています。」
「このままひどくなるようだったら耳鼻科で切開してもらわないと治らないかも」
「とりあえず抗生物質と解熱剤で様子を見ましょう」
「うがいもしっかりすること」
と言われ、抗生物質・解熱剤・胃薬・うがい薬をもらってきた。
風邪を引くと、いつも鼻の症状から始まるので、今回のように、足のだるさから発熱、そして扁桃腺の腫れにあとから気づくというのは初めて@@
今は、薬のおかげで平熱だが、まだのどの痛みは取れない^^;
しかも薬の副作用らしく蕁麻疹が@@
だから、今朝は薬を飲まないでいてみる。
ああ踏んだりけったりだ!
おまけに明日は今年度初の研究授業。休むわけにはいかない。だって私が授業者なのだから・・・
posted by 桂花 at 06:19| Comment(9) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月24日

一夜明けて

新潟地震の被害の様子がだんだんわかってきました。
昨夜の一報では「人的被害は聞いていません」でしたが時間が経つにつれてけがをした人や亡くなった方の人数が増えてきました。
阪神大震災のときもそうでした。時間の経過とともに被害の大きさがわかってきたのでした。
もうこれ以上大きな被害が報告されないことを願って。。。

学校が避難所になっています。
明日から学校で授業が始まるのか心配です。
阪神大震災のとき、私の勤務校も避難所になり、毎日、原付(ミニバイク)で、家から学校まで通いました。(交通渋滞でもミニバイクは威力を発揮してくれました。)子どもたちの安否確認や避難所の世話などのためです。
幸い、私の勤務していた学校の子どもたちは全員無事でしたが市内の小中学校では何人か亡くなったのです。

阪神大震災を体験しているだけに新潟地震の大変さが手に取るようにわかります。

実家のある小布施町は長野県の北部なので震源地にかなり近いです。
幸い、父も兄夫婦も甥も無事でした。
電話も通じるので安心です。
posted by 桂花 at 08:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月08日

青春をプレイバック

「THE 70's」というCDを購入。
時々テレビから流れるCMに踊らされて(笑)

ああ、でも買ってよかった。
懐かしい曲が沢山入っている。2枚組で42曲収録♪


70'sと言えば、中学時代^^;
中学校の音楽室でレコードコンサートと言うのがあって、そこで初めてちゃんと洋楽と言う物を聴いた気がする。
音楽室の暗幕を引いて蛍光灯にカラーセロファンを巻いて、それらしくしつらえた部屋で聴いたのだった。
そして中学時代は今までの人生で一番ラジオを聴いていた時期。
「ながら勉強の深夜族」だったのだ。
もちろん聴いていたのは「オールナイトニッポン」
糸居五郎、カメ&アンコー、高島秀武。。。懐かしいな〜〜〜
問題発言を取り立たされた柏村武昭議員も、もとはパーソナリティだったのだよね。
皆さん、知らないでしょうね〜〜〜
ちなみに私の一番好きだったパーソナリティは高島秀武さん。彼が降板したときは泣いたよ。。。

CDから流れてくる曲は、題名はわからなくても聴いたことのある(気がする)懐かしい曲ばかり。今も聴きながら書いているのだが流れている曲はザ・ランナウェイズの♪チェリー・ボンブ♪
結構テレビのコマーシャルソングとして取り上げられた曲も多いので耳に馴染んでいる。今は♪ミスター・ボージャングルズ♪日産セレナのCM曲。

大好きな曲「アメリカン・パイ」「シェリーに口づけ」も入っている。
シカゴの「長い夜」も。。。

そう言えば、中学時代、秋田の男の子と文通していた(突然思い出した!!)
その男の子が自分の好きなシカゴの曲をカセットに録音して送ってくれたのだが、あいにく我が家にはオープンリールのテープレコーダーしかなくて、そのカセットをクラスメートの男の子の家に持って行って、カセットテープからオープンリールにダビングしてもらったなあ〜〜(遠い目)そんなことも思い出した(笑)

文通といえば(止め処もなく思い出が湧き上がる(笑))
秋田と静岡の男の子(何で二人も?)と東京の女の子、アメリカの男の子としていた。もっともアメリカの男の子とは英語が続かず、数回で終わったけど(笑)
大学一年のとき、静岡から来た女の子と知り合って、そしたらその女の子が私の文通していた男の子の高校時代のクラスメートだったりして世の中の狭さを実感したな〜〜

東京の女の子とは今もメールのやり取りをしている
(もう女の子とは言えないのは当然^^;)
30年以上も続くペンパル(死語〜〜)って珍しいでしょ。

そんなこんなをいろいろと思い出しながら聴いています(笑)
posted by 桂花 at 21:59| Comment(14) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月22日

修学旅行

5月は修学旅行の季節らしい。今日の朝日新聞の『天声人語』に書かれていた。修学旅行はいつから始まったかも書いてあった。それによると1886年(明治19年)に東京師範学校が実施した房総半島への「長途遠足」だそうだ。

私の勤務校も今月修学旅行で広島に行く。平和学習も兼ねて、行き先はずっと広島だ。

平和学習を兼ねての修学旅行は意義のあるものだと思う。
私の田舎の近くに松代象山地下壕があって、大阪や兵庫の中学生が志賀高原へのスキーとあわせてこの地下壕の見学も入れている学校が増えているらしい。実は私も昨年の夏休みに帰省した折にこの地下壕の中に入ってみた。夏なのにひんやりとしていて、寒かった。戦時中に極秘に大本営や政府機関の移転計画が進められていた。その移転先がこの象山地下壕なのだ。当時のお金でなんと2億円、300万人の強制労働者を動員し、終戦の8月15日までの約8ヶ月間の掘削工事で総延長10kmもあった。
気温の寒さだけでなく、この防空壕を苦しみながら掘った人たちのことも思って、本当に背筋が凍るようだった。
百聞は一見にしかず。実際に入って歩いてみると戦争の恐怖を実感できる。

ちなみに息子を3歳のときに広島、小学校一年で長崎に連れて行ったが、ちょっと早すぎたようだ。。そして昨年この地下壕行きを誘ったが断られてしまった。入った後、やはり連れて来るべきだったと後悔したが。。。我が家の平和教育はまだまだです。

話を戻して、修学旅行、私の場合小学校は松本(すごい近場(笑))中学校は東京、そして高校が奈良・京都・神戸・大阪と回ったのだった。
posted by 桂花 at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。