2005年01月30日

半落ち

映画「半落ち」(2004年)
原作:横山秀夫
出演:寺尾聡 原田美枝子 柴田恭兵 吉岡秀隆 樹木希林 鶴田真由 伊原剛志 國村隼 高島礼子 石橋蓮司 


劇場公開のときから見たかったのだが、行けなかった映画。
お正月にもwowwowでやっていたがちょうど帰省していて見られなかった。
今日も放映されていたのでDVDに録画して、午後、お茶を飲みながら見た。
(午前中に放映されていたのだが息子が「笑っていいとも増刊号」を見たいと言うので見られなかったのです。wowwowが見られるのはリビングのテレビ一台だけなので^^;)
そうそうたる俳優陣。
高島礼子なんか全編を通しても2分くらいしか出演していない。
「極妻」では主役なのに。。
それくらいすごい俳優たちで固めた映画。
寺尾聡の渋さがよかった。
柴田恭兵も伊原剛志もかっこよかった。
それに大好きだったテレビドラマ「北の国からの」の純役の吉岡秀隆も
出演時間は少なかったがとても重要な役だった。
アルツハイマー病・介護・臓器移植などの社会問題についても改めて考えさせられた映画。
今からDVDでもう一回見ます(笑)
(泣ける映画です。)
posted by 桂花 at 20:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月02日

宮部みゆきワールド

DVDで宮部みゆきの映画を2本見た。
1本目はみどりの日にwowwowで放映された「理由」
まだ映画館では上映されていない作品だそうだ。ドキュメンタリー風に作ってあると言ううたい文句。目撃者や関係者のインタビューをつなげてストーリーが展開されていくと言う新しい試み。岸辺一徳や久本雅美を始め40人以上そうそうたるメンバーが出演していた。監督は大林宣彦。結構面白かった。

もう1本は「クロスファイア」
これは今日の午後の放映だったのでやはりDVDに撮っておいて帰ってから見た。念力で発火させることの出来る女性(矢田亜希子)が主人公。ありえないような話だが引き込まれてしまった。

SFタッチなので筒井康隆の「七瀬ふたたび」みたいだった。好きだったな〜〜「七瀬シリーズ」たしかNHKの少年ドラマシリーズ?でやっていたような。。多岐川裕美が主役だった。少年ドラマシリーズといえば「タイム・トラベラー(時をかける少女)」や「なぞの転校生」も好きだった。なつかし〜〜〜い。おっと話が宮部みゆきからそれてしまった(笑)
posted by 桂花 at 23:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。