2006年10月09日

スコーン@朝食

スコーン.jpg
梅田の阪急百貨店で毎年恒例の「英国フェア」が催されています。
昨日、ちょこっと覗いて来ました。
アーガイルのセーターやタータンのチェックのマフラーなど、物欲様が光臨しそうになった品物があったのですが、やはりちょっと手が出せない値段だったのでパス!色気より食い気に走り、スコーンを買って帰りました。
今朝、アルミホイルでくるんでオーブントースターで温めてからいただきました。クロテッドクリームは買わなかったのでバターといちごジャムを添えました。
10年以上前、イギリスのコッツウォルズの小さなホテルで食べたときは感動ものの美味しさだったのですが・・なんだかパサパサしていてもひとつでした。焼き立てじゃないからかな〜〜やはり美味しいスコーンを食べるにはイギリスに行くしかない(笑)
posted by 桂花 at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | お茶請け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうね、イギリスのスコーンは確かに美味しい!なぜか日本のはパサパサしちゃいますね。粉のせいでしょうか?それとも気候?ロンドンのスーパーで買っても美味しいから不思議。懐かしいなあ〜行きたいなあロンドン!今、英国で一番美しい村々コッツウオルズという本を読んでいるところ。暮らしたことがあるのでしょ?羨ましいわ。英語もっと勉強して!私も連れて行って!!!
Posted by ミーシャ at 2006年10月13日 19:25
>ミーシャさん
暮らしたことがあるなんてとんでもない!
ストーンヘンジに向かうワンデイトリップのときに立ち寄ったのです。カースル・クームという世界一かわいい村?に行きました。ぜひもう一度訪れてみたい村です。
Posted by 桂花 at 2006年10月14日 09:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。