2004年05月29日

オン・ユア・トウズ

楽しみにしていたミュージカル「オン・ユア・トウズ」を観に行ってきた。
主演のアダム・クーパーはイギリスのロイヤル・バレエ団のプリンシパルだった。その上、男前で「バレエ界のでベッカム」と称されているとか・・・
確かに手足が長くてかっこよかったのだが(それに男前☆)
せっかくの踊りの名手なのに思っていたより踊りのシーンが少なくて残念だった。ストーリーはドタバタ喜劇と言うことなので気楽に見れたが、私はもっとアダム・クーパーのダンスシーンが見たかった^^;

それにしてもまだまだ私の英語力は全然だめ!!
字幕スーパーを見なくて理解できたせりふは1%にも満たない^^;
特に歌はまったく聞き取れなかった。
ゆっくり大げさに言うせりふがかろうじて聞き取れたかな〜〜てっとこ。
悲しい(;;)
posted by 桂花 at 23:25| Comment(4) | TrackBack(1) | ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アダム・クーパーは、歌わずに踊らなくちゃね。
日本人は、あんなに拍手して喜んで、彼を甘やかしてはいけません。ピルエット、軽やかで、さすが。顔も体も、天からの贈り物だよね。彼のバレエが見てみたいよう。
Posted by yumiko at 2004年05月30日 09:54
そういえばずっと前にアダム・クーパーが主演した「白鳥の湖」のDVDを
見たことがあったのを今頃思い出しました。
見て本当に感動しました。
彼の生で踊るところ私も見てみたいなぁ。と思っちゃいました。
ああ羨ましい。。
Posted by *kei* at 2004年05月30日 21:02
「リトル・ダンサー」の最後のシーンで踊るアダム・クーパーの後姿が見られるそうですね。
やはり彼は踊っていてくれた方がいいです。
「白鳥の湖」DVDがでているのですね。探してみようっと。
Posted by 桂花 at 2004年05月30日 23:32
私もバレエの彼を見たいので、今回はあえてはずしました・・・。以前熊川哲也の神戸公演のゲストに出ていたのを見たんですが、短い演目で、かつ創作バレエだったけど、存在感はやはりすごかったですよ。今度は是非バレエで来日して欲しいですね!!

「リトル・ダンサー」は、ほんっとに、最後の一瞬だけなんですよ〜。彼だけを期待すると、「あれれ?」となっちゃいますので、念のため。。。
Posted by miya at 2004年05月31日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1758162
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ビリーの執心
Excerpt: こんにちは。アダム・クーパー 美しいですよね (ぼくが書くと誤解されそうですが・・) 白鳥の湖 やはり一番好きです。 TBさせていただきました!
Weblog: いんちょー奮闘記
Tracked: 2005-01-21 15:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。